センチュリーホーム 評判

マイホームを建てるとなると、どのハウジングメーカーにするか、というところが、大きな選択になってきます。夢のマイホームを建てるわけですから、やっぱり評判がいいかどうか、というのも気になります。

 

 

 

 

いろいろなハウジングメーカーのホームページはありますが、それ以外でも、さまざまな評判を見ることができます。

 

 

 

 

こういった中で、センチュリーホームの評判ですが、やはり、安い坪単価というのが最大の魅力のようです。一番安くて坪あたり20万円、そして高くても50万円程度、というレンジになっており、これは大手ハウジングメーカーの単価と比べてみると、かなりの安さです。

 

 

 

 

ただ、こういったメリットはデメリットの裏返しだったりもします。なので、価格については、安いけれど自由度は少ないという評判もあります。とはいえ、標準であったとしても、それで満足ができるひとにとっては十分だということもいえます。

 

 

 

 

センチュリーホームのいい評判としては、標準であっても、質の良い装備品が選べたということで、安くても満足できたという良い評価もけっこうあるようです。

 

 

 

 

 

ただ、薄利多売を実践しているセンチュリーホームですので、営業や接客といったところについては、あまりよくないといえる評判もあるようです。とくに、営業や職人は抱えている顧客が多く、とても忙しく、打ち合わせが十分にできないとか、うまく伝わっていなかったというようなこともあるということです。

 

 

 

 

なので、どうしても手間のかかることを嫌がるというようなこともあるようです。

 

 

 

 

実際いろいろなものがあります。いいものだけではなく悪いものもありますが、こういたものを偏りなく見ていくことが大切です。

 

 

 

 

センチュリーホームの持つ安さというメリットは、デメリットとコインの裏表ともいえますので、いいところがあれば、その反面デメリットとなる部分もでてきてしまうのです。なので、センチュリーホームの特徴を知った上で、その良さ悪さの両方を見て判断していきましょう。

 

 

 

センチュリホーム以外の注文住宅の評判について、アキュラホーム 評判でも、

 

 

 

評判や口コミが詳しく紹介されています。

 

 

 

家を失敗しないで建てる方法も記載されていますので、これから家を建てる人はみておいて損はないですよ。

続きを読む≫ 2015/03/14 13:49:14

マイホームを建てる際、ハウジングメーカーによって、価格帯も大きく変わってきます。予算にも上限がありますし、ローン条件との兼ね合いもありますので、そういった点を踏まえながら、どのハウジングメーカーにするか、というところが、大きな選択になってきます。

 

 

 

 

実際、マイホームを建てるにあたって、たくさんのハウジングメーカーの中で、価格についても比較をしていくことになります。そういった比較の際の一番の目安となってくるのが、坪単価だといえます。

 

 

 

 

大手ハウジングメーカーだと、坪当たり50万円や、70万円といった数字も多く見られます。

 

 

 

 

こういった中で、センチュリーホームの坪単価というのは、一番安くて坪あたり20万円、そして高くても50万円程度、という風にでています。これは、先ほどの大手ハウジングメーカーの単価と比べてみると、ローコストだということがわかってくると思います。

 

 

 

 

センチュリーホームは茨城県水戸市に本社を東京都台東区に支社を置くハウスメーカーとなります。

 

 

 

 

このセンチュリーホームですが、ローコスト路線について徹底していて、創業以来、安心とともに、良い家を安くという信念をもっています。

 

 

 

 

そしてこの信念に基づき、無駄を徹底的に省き、真の薄利多売を実現すべく、さまざまな工夫をしてきたといわれ、その結果が、こういった安い坪単価になっているといえるでしょう。実際、設備や設計に自由度は少ないが、その価格のわりには質の良い家が建てられるといった評判もあるようです。

 

 

 

 

ただ、こういった坪単価というのは、最初の見積りの数字を基準とするか、実際にその後にかかってくる施工、工事費なども含めた数字を基準にするかによって、だいぶ違いがあるということがあります。

 

 

 

 

オプションについての費用や、諸手続きにかかる費用などを含めて、実際に最終的に払った単価をみてみると思ったより高くなっていることはよくありますので、事前に確認をすることが大切です。

続きを読む≫ 2015/03/14 13:47:14

家を建てるにあたって、値引きというのは重要なポイントになってきます。夢のマイホームを建てるわけですから、ただ、値段で選ぶわけにはいきませんが、とはいっても、予算やローンといった現実的なしばりがあるのも事実です。

 

 

 

こういった中で、気になってくるのが、各ハウジングメーカーの値引きです。どれくらい実際に値引きしてもらえるかというところも、知ったうえでかしこくハウジングメーカーを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

こういったなかで、センチュリーホームで家づくりを検討している方のために、センチュリーホームの値引きについてみてみたいと思います。実際、ハウジングメーカーの中でも、値引きについては、やり方が分かれてくるところです。

 

 

 

大手など、高い高級路線のハウジングメーカーというのは、高いオプションをつけることで、そこから値引、というような傾向があったりするようです。

 

 

 

 

そうなると、センチュリーホームのような、ローコスト路線の方の商品であった場合には、そこまで大幅な値下げというのは期待がしづらいかもしれませんが、センチュリーホームは、薄利多売という考え方が、創業以来のコンセプトとなっています。

 

 

 

 

もともと、センチュリーホームの坪単価というのは、一番安くて坪あたり20万円、そして高くても50万円程度、ということで、かなりローコストな価格帯になっています。

 

 

 

 

とはいっても、設備や設計に自由度は少ないが、その価格のわりには質の良い家が建てられるといわれています。そして、ここからさらに値下げを狙うのであれば、棟数限定やウェブ限定のキャンペーン価格というものを、抑えることが有用だといえます。

 

 

 

 

たくさん売りたいというのがセンチュリーホームの戦略でもありますので、こういったキャンペーン価格は、かなりの値下げがされていることが多いのです。

 

 

 

 

こういった値引きについてはインターネットなどでも色々な情報を集めて、お得な情報をうまく活用することをおすすめします。

 

 

 

下記のサイトは無料で、センチュリーホームや他ハウスメーカーの費用総額表や間取りプランがもらえます。

 

 

 

他のハウスメーカーの費用をしる事で値引き交渉がすすめやすくなりますよ。また、いろんな会社の間取りも無料でもらえるのでおススメです。

 

 

続きを読む≫ 2015/03/14 13:45:14

マイホームを建てるというのは、ある意味自分の理想の住み心地を実現するということになってくるといえます。自分がどういった住まいを理想とするのかを考えることが、家を建てるにあたって、どこにこだわるかを決めるといってもよいでしょう。

 

 

 

機能性の住み心地を求める人もいますし、立地に住み心地を求める人もいます。住む人の数だけ住み心地がある、といっても過言ではありませんので、家族皆が満足できるような家を目指したいものです。

 

 

 

 

各ハウジングメーカーによっていろいろなバラエティがあります。こういったなかで、自分にあった住み心地を提供してくれるハウジングメーカーを選びましょう。

 

 

 

 

こういったなかで、センチュリーホームで実現できる住み心地を見てみたいと思います。センチュリーホームは茨城県水戸市に本社を東京都台東区に支社を置くハウスメーカーとなります。関東周辺エリアに強いハウジングメーカーともいえるでしょう。

 

 

 

 

このセンチュリーホームですが、ローコスト路線について徹底していて、創業以来、安心とともに、良い家を安くという信念をもち、無駄を徹底的に省き、真の薄利多売を実現しています。

 

 

 

 

ただ、安い画一的な家づくりというよりは、もっと自由度があるということで、低予算でも、自分の理想を実現することができるハウジングメーカーだといえそうです。

 

 

 

 

もともとが安い基本プランに、いろいろな追加、変更をつけるということが、センチュリーホームでは対応可能となっているので、これでうまく理想の家づくりをしているという人が多いようです。

 

 

 

 

ただ、こういった施工の変更などというのは、営業さんや職人さんとのコミュニケーションがとても大事になってきますので、こだわりの部分や不満な部分については、しっかりと打合せをすることが必要だといえるでしょう。

 

 

 

 

また、アフターサービスもあまり良くない評判が多いように見受けられますので、最初のつくりで不満がでないよう、こだわるところはしっかりと押さえておくことをおすすめします。

続きを読む≫ 2015/03/14 13:43:14

大震災のあとはとくに、耐震性というものに注目が集まるようになりました。公共の施設などもそうですが、自分の大切なマイホームづくりにおいて、耐震性能というところも気になります。

 

 

 

 

こういったなかで、地震が来ても倒壊しないような、安全な住宅だといえるかどうか、といった目安となる基準があります。これが、「耐震等級」と呼ばれるものです。

 

 

 

 

耐震等級1とか、3とかいうものを見たことがある人もいるかもしれませんが、このように、耐震等級は、耐震等級1〜3に分けられていて、耐震等級3が最高等級となっています。

 

 

 

 

センチュリーホームにおいて、こういった耐震等級の表記がすぐには見当たらないようになっていますが、耐震性については、センチュリーホームもこだわりのあるハウジングメーカーだといえます。

 

 

 

 

実際、センチュリーホームでは、「モノコック構造」を採用していて、在来工法(軸組工法)に枠組壁工法の基本となる面材を床、壁、屋根面の全てに張ることで、地震の力をバランスよく分散させています。これによって高い耐震性を実現しているといえるのです。

 

 

 

 

また、センチュリーホームでは、1棟1棟「構造計算」によって強度を証明する方式を採用しています。一般的に耐震等級の目安とされている基準として、耐震等級1というのが、 建築基準法(法律)と同程度の建物についての目安となっています。

 

 

 

 

そして、耐震等級2は、耐震等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる、というのが基準です。さらに、耐震等級3となると、耐震等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる、ということが基準となっています。

 

 

 

 

構造計算などについても、きちんと対応をしているということになっていますので、センチュリーホームで家を建てる際には、こういった構造計算とあわせて、耐震等級についても確認をしてみることが有用だといえそうです。打合せの際、特に注文住宅の場合には、こちらが求める耐震等級について相談してみることもおすすめします。

続きを読む≫ 2015/03/14 13:41:14